【スナック茜】なかよし。

スポンサーリンク

ようこそ、いらっしゃい。スナック茜へ。

会社の総務部(一人)を一人で切り盛りしている茜ママ。
実はマンガが大好きな茜ママ。ムラタさんからまた怖いタッチのマンガを借りた様です。
今日はママの少女時代のマンガ事情についてお話をしてくれました。

なかよし。

なかよし、リボン…買ってもらえなかったの。

買ってもらえなかっただけじゃない。
買うのもNGだった。

何故か『ちびまる子ちゃん』は欠かさず買ってもらっていた。

もちろん私は、ちびまる子ちゃんだけでは満足できなかった。

当時の女の子同士の休み時間の話といえば、『今月号のね~』というのが定番だった。

今月号のなかよし、リボンの話ね。
もちろん私には2大雑誌の情報はほぼ皆無。
でも、話に加わらない…コミュニティから外れることはできない。

考えた末、私はその中で『なかよし派』を演じていた。
なかよし派のガラスの仮面をかぶっていた。
それは、とても壊れやすい…十代のようなガラスの仮面だった。

当時、『なかよし』では『きんぎょ注意報!』っていうマンガを連載していたのね。同級生の子たちが、楽しそうに話してた。

私は全然知らなかったけど、知ったふりをしてその話に加わってた。

どうやら金魚が空を飛んでるらしいのよ。
その時点でパニックよね。
『金魚が空を飛ぶって何!?助けて!!』
そう思いながらも、さも知ったかのように加わってた。

いつだって、私のなかよしは綱渡りだったの。

だから、いとこのお姉ちゃんの家に遊びにいった時は予習タイムよね。

すかさずその月の『なかよし』を貸してもらって、データを収集したの。

なるほどね、今月はこう動いたか…って。

でも、続き物とかは大変だったわ。
前後の話がわからないから。

私自身で穴埋めをしないといけないわけね。

根本的なところは解決しないの。

どうしてこうなったのよ!!
そう思いながら、ページをめくり続けた。

さながら考古学者よ。

一つのヒントをもとに、あらゆる想定をして学会(女子との休み時間)にのぞんでいたの。
そして、私は私自身の推測だけを頼りに学会で説を発表した。
ぎょぴちゃんが空を飛ぶ理由とか。

でも、私が当時知っていたマンガは『ちびまる子ちゃん』だけ。

ムラタくんがいつもマンガを貸してくれるのね。

『茜ママってマンガ好きだよねー』
って言われるたびに

『うん、昔から大好き♪』
って応えてる。

本当にマンガが好き。

自分でマンガが買える大人になれたことを、誇りに思っている。
かしこ。

ブログランキング
スポンサーリンク

コメント

  1. かおりん より:

    (笑)あたしは、リボンもなかよしも買ってたわ
    ぎょぴちゃんは、ポテチが好きなんだよ

  2. スナック茜 より:

    かおりんさん、いらっしゃい。

    どっちも買ってたのね~…そう。
    これ…

    自慢かしら?

スナック茜 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。